麻しん 風しん ワクチン

























医療相談員ってどんな職業?

 医療相談員ってどんな職業なのか。馴染みのない言葉ですので、知らないという方が多いと思います。
 今回は、この医療相談員の職業についてお話していきます。

 医療相談員は、病院の中で働く職員のことで「医療相談員」のほかに「ケースワーカー」や「ソーシャルワーカー」「MSW」等といった呼び方をされています。
 仕事内容は、@入退院相談・調整
         A他科受診時の調整
         B苦情相談
         C患者・ご家族様の相談援助
         D他施設訪問 等行っています。
 対人・対関係機関の関わりが多い職種なので、病院の顔として役割を担っています。

 では、どのような内容のものが多く寄せられるとかといいますと、@の入退院相談からは、「医者から転院していただきますと言われたが、どこに行けばいいのかわからない」といった場合、この場合は、医療相談員が患者様の状態に合った生活場所、ご家族様の希望に添える場所をご紹介しています。
 また、Cの患者・ご家族様の相談援助からは、「医療費が高額で、支払いができるか心配」といった場合、医療相談員が助成金や補助金の援助を受けられる様、医療制度等の話をしたり、病院によっては分割払いでのご提案をしています。

 このように、様々な場面で医療相談員は患者・ご家族様と関わりをもっているのです。病院にかかられていて、『あの時相談にのってくれた人』『自分の代わりに受診予約をとってくれた人』等と思った方、もしかするとそこの病院の医療相談員だったのかもしれませんね。

 ただ、どの場面においても「こうしなさい」といった決めつけたことは言いません。患者・ご家族様と一緒になって相談内容を考え、一番適したものを選択していただける様努めています。
 当院も私一人ですが、医療相談員として仕事をしています。納得かつ安心できる援助・助言をモットーに日々患者様やご家族様とのコミュニケーションに心掛けています。大変な職業ですが、とてもやりがいのある仕事です。
 お困りの方は、お一人で悩まず、まずは医療相談員を訪ねてみてはいかがでしょうか。

 
 平成28年11月1日
医療相談員:山中 広幸


Copyright (C) 2005 hakodate kyouritsu Medical.Corporation. All Rights Reserved.