労災保険における二次健康診断等給付について

1.二次健康診断等給付の目的と内容
 @目的
 二次健康診断(以下、「二次健診」という)等給付は、一次健康診断で発見された個々の異常(高血 圧、高脂血症、高血糖、肥満)の状況を詳しく調べるためのものではなく、業務上の脳血管疾患お よび心臓疾患の発症のリスクを評価するためのスクリーニングを行い、事業者による予防措置に 役立てることを目的としている。

 A給付内容
   a)二次健診(脳血管疾患および心臓疾患の発生と密接な関係がある身体の状態に関する
     検査の実施)[1年度に1回に限る]
   b)特定保健指導(脳血管疾患および心臓疾患の発症の予防を図るための医師等による
     保健指導)[二次健診ごとに1回に限る(1年度につき1回)]
 B二次健診等給付の方法(二次健康診断および特定保健指導実施機関)
  二次健診等給付は、労働福祉事業として設置された病院もしくは診療所または都道府県労働局長の指定する病院もしくは診療所において行う。

2.二次健診等給付に係る対象および検査
 @給付対象
  一次健診における次の検査のいずれの項目にも異常所見があると診断されたときに、当該労働者に対し、二次健診等給付を行う(すでに脳血管疾患または心臓疾患の症状を有すると認めらる者は対象とならない)。
   イ)血圧の測定
   ロ)血中脂質検査(血清総コレステロール、HDLコレステロール又は血清トリグリセリドの量の検査)
   ハ)血糖検査
   ニ)肥満度の測定
     体重(単位:キログラム)÷身長(単位:メートル)÷身長(単位:メートル)
 A二次健診として行う検査

   イ)空腹時の血中脂質検査(血清総コレステロール、HDLコレステロール又は血清トリグリセリドの量の検査)
   ロ)空腹時血糖検査(空腹時の血中グルコースの量の検査)
   ハ)ヘモグロビンA1c検査(一次健診において当該検査を行った場合を除く)
   ニ)負荷心電図検査または心エコー検査
   ホ)頚部エコー検査
   ヘ)微量アルブミン尿検査(ただし、一次健診における尿中の蛋白の有無の検査において、
     疑陽性(±)または弱陽性(+)である場合に限る)

 B特定保健指導
   一次健診および二次健診の結果、肥満、高血圧、高脂血症、高血糖が認められることから、食生活上の指導および脳血管疾患、心臓疾患の発症予防に必要な飲酒、喫煙、休暇、睡眠等の生活指導を健診担当医および産業医が行う。



Copyright (C) 2005 hakodate kyouritsu Medical.Corporation. All Rights Reserved.