早朝高血圧 心筋梗塞 脳梗塞 高血圧 函館美原

大腸がんと大腸カメラ

 1.早朝高血圧とは?
   血圧は1日中一定ではなく変化しています。通常、就寝中は低く、起床時から徐々に
   上昇時昼間は高くなります。
   ところが高血圧の患者さんの中には朝の血圧が特に高くなる方がおり、このような高
   血圧を早朝高血圧と言います。

 2.早朝高血圧はなぜ悪いのか?
   朝方から午前中の時間帯は心筋梗塞や脳卒中の多発する時間帯です。
   早朝高血圧の人は心筋梗塞や脳卒中になりやすいとの研究報告がされています。

 3.降圧薬を飲んでいれば安心か?
   高血圧のために薬を内服している人でもかなりの方が早朝高血圧であったとの報告が
   あります。したがって、降圧薬を飲んでいるからといって安心はできません。

 4.早朝高血圧の診断
   早朝高血圧を見落とさないためには家庭血圧を測定し、1日の血圧の変化を知ること
   が重要です。
   毎日でなくても良いので朝(薬を内服する前)と寝る前に血圧を測ってみて下さい。
   夜の血圧が安定しているのに朝の血圧が上が135mmHg以上、下が85mmHg以上で
   あれば早朝高血圧の可能性が高いでしょう。

 5.早朝高血圧の治療
   早朝高血圧と診断された場合は、降圧効果の持続時間が長い薬に変更したり、朝内服
   している薬を夜寝る前に飲むように内服時間を変更したりします。それでも効果が不
   十分の場合は、早朝の血圧上昇を抑える効果のある薬を夜寝る前に内服する方法もあ
   ります。

  症状に心当たりがある方は一度診察を受けてみてはいかがでしょう?




循環器科 : 能戸 徹哉
「青いポスト」2007年6月23日号 掲載
 

           

Copyright (C) 2005 hakodate kyouritsu Medical.Corporation. All Rights Reserved.