胃腸疾患 ストレス 機能性胃腸症 過敏性腸症候群 函館美原

ストレス社会の胃腸疾患と循環器疾患

胃腸疾患
 ストレスが引き金となって胃腸に障害を起こす人が最近増えています。

 上腹部症状を主体としたものは「機能性胃腸症」と呼ばれ、胸焼け、胃もたれ、腹痛などの上腹部の症状が持続あるいは反復して出現し、排便によって軽快しない特徴があります。
 下腹部症状を主体としたものは「過敏性腸症候群」と呼ばれ、下痢や便秘などの便通異常と、腹痛、腹部不快感、腹部膨満感、腹鳴などの腹部症状が同時に出現し、排便によって軽快する特徴があります。

 原因はまだ解明されていませんが、胃腸の動きのアンバランス、内臓の知覚過敏、性格などの心理的要因にストレスが関与して起こるといわれています。
 両疾患とも一般的な検査(尿、血液、便検査、レントゲンなど)や内視鏡検査でははっきりとした異常がみつからないため、さまざまな症状を訴えても“神経質”“気のせい”“年のせい”“病気ではない”と言われて適切な説明と治療が行われなかったり、治療を開始しても信頼関係が成立していないと十分に満足する効果が得られず、より一層信頼できる医師を求めて“ドクターショッピング”の状態に陥ることもあります。
 症状の軽い人も含めると日本人の約25%が「機能性胃腸症」、約15〜20%が「過敏性腸症候群」の症状で悩んでいるといわれており、これらの疾患に対する医療費と“生活の質”が障害されることによる経済的損失は甚大です。

 十分な問診、診察と一般的な検査で診断はほぼ可能なため、必ずしも内視鏡検査は必要ありません。しかし、器質的疾患(癌や潰瘍など)が疑われる場合、患者さんの不安が強い場合、治療効果が思わしくない場合には器質的疾患の除外のために精密検査(内視鏡検査や超音波検査など)を行います。

 治療は、病態の説明による患者医師間の信頼関係の確立、生活指導(ストレスの軽減、ライフスタイルの改善)、食事療法、薬物療法が基本になり、心理療法が有効な場合もあります。

 このような症状でお悩みの方は、一度消化器の専門医に相談してみて下さい。


消化器科・副院長 : 能戸 久哉
「青いポスト」2006年9月22日号 掲載

循環器疾患
 現代社会はストレス社会と言われています。この場合のストレスは社会的、精神的ストレスのことで、ストレス反応としては怒り、緊張、不安などの形で表出されます。

 ストレスと深い関係にある疾患は様々あり、これらをストレス関連疾患と呼びます。
 循環器系の疾患の中にもストレス関連疾患に含まれるものがあります。

1.高血圧症
 高血圧の原因は遺伝因子と環境因子の相互作用で発症します。ストレスも環境因子の一因とみなされています。
   ストレスにより交感神経が緊張すると、エピネフリン、ノルエピネフリンと呼ばれるホルモンが分泌されます。このホルモンが血管を収縮させるため血圧が上昇します。

2.冠動脈疾患
 狭心症や心筋梗塞などの冠動脈疾患はストレスと深い関係にあります。過剰なストレスが交換神経を緊張させ冠動脈の収縮が起こったり、また血液の粘りが強くなり血栓ができやすくなって冠動脈の硬化や閉塞が起こります。

3.不整脈
 交感神経が興奮すると心臓の電気の経路の異常や、心筋細胞の異常興奮のため不整脈が出現しやすくなります。

4.心臓神経症
 明らかな疾患がなくてもストレスが強かったり長く続くと胸痛、動悸、息切れなど胸部の症 状が現れることがあります。神経症の中で心臓に関する症状が主体の場合、心臓神経症と呼びます。

5.ストレス対処法
 ストレス対処法は人により様々ですが、普段からストレスを感じやすい人は対処法をいくつか身につけておくと良いでしょう。
  一般的な方法を列挙すると・・・
   ・疲れを感じたら休息する。
   ・旅行で気分転換する。
   ・没頭できる趣味を持つ。
   ・自分にあった運動をする。
   ・自然と接する。
   ・家族や仲間との会話を持つ。
   ・ボランティアなど仕事以外の活動に参加する・・・ など


  上記の症状に心当たりのある方、心配な方は一度診察を受けてみてはいかがでしょう?

循環器科 : 能戸 徹哉
「青いポスト」2007年3月16日号 掲載

           

Copyright (C) 2005 hakodate kyouritsu Medical.Corporation. All Rights Reserved.