胃カメラ 鼻 函館美原


当院では苦しくない楽で安全な胃カメラが
受けられます。


胃カメラは鼻から通す時代へ

一般的に行われている口からの内視鏡検査では、のどの奥にある舌根部にスコープが触れて引き起こす咽頭反射により吐き気を催しつらく感じます。これに対して鼻から行う内視鏡検査では、スコープが舌根部に触れることなく食道や胃に到達するため、吐き気をほとんど催すことなく検査を受けられます。

 


 また、検査中に医師と会話ができるという大きな特徴があります。安心してリラックスした状態で検査を受けることができ、苦痛の軽減に役立っています。

 
鼻からの検査ではスコープが細いために病変を見つける能力が劣ると思われがちですが、むしろ、患者様のみならず医師にとってもストレスが軽減される為余裕を持った検査ができ、安全で正確な検査につながります。

 今まで口からの内視鏡検査を受けて、辛かったという経験のある方、そのようなイメージから検査を敬遠されている方は経鼻胃内視鏡検査を受けてみてはいかがでしょうか。実際に検査を受けた患者様の評価は高く、アンケート調査によると、過去に口から挿入する従来の内視鏡検査を経験したことがあり、初めて経鼻胃内視鏡検査を受けた患者さんの
95%が、今後は経鼻胃内視鏡検査を希望すると答えています。

 さらに、3分の
の患者さんが、今後は口からの胃内視鏡検査は受けたくないが経鼻内視鏡であれば検査を受けてもよいとの結果が出ています。

 経鼻内視鏡検査は月曜日〜土曜日の午前中に行なっております。検査は予約制になっており電話での予約も受け付けております



平成18年1月11日
消化器科・副院長 能戸 久哉

当院では苦しくない楽で安全な胃カメラが受けられます。

        

Copyright (C) 2005 hakodate kyouritsu Medical.Corporation. All Rights Reserved.