ジェネリック 函館美原

ジェネリック医薬品とは?


  最近ジェネリック医薬品がテレビ、新聞等で話題になっています。
 「薬代が安くなる? でもジェネリックってなに?」と思う方も多いでしょう。

  
ジェネリック医薬品とは新薬(先発品)を開発した製薬会社の特許期間が切れた後に作られる新薬と同じ働きをもつ薬(後発品)のことです。

  ジェネリック医薬品とは、同じ成分で同じ効果がありながら新薬より値段が安いというものです。
 ジェネリック医薬品の「安さ」が大きなメリットになるが慢性疾患の場合です。

  糖尿病や高血圧症などの生活習慣病では長期間薬を服用しなくてはならない為、ジェネリック医薬品か新薬かで家計への負担は大きく違ってきます。

  そこで自分が使っている薬を安いジェネリック医薬品に変えたいと思ったとき、いちばん問題になる のは自分の病気の治療に使えるものがあるかどうかです。
 
ジェネリック医薬品に変更できるかできないか、かかりつけの医師にご相談下さい。

  なお、薬の処方に際して、医師が最も優先させるのは治療効果と副作用です。
 値段をみて処方するわけではありませんので、ご理解下さい。


薬剤師 佐伯 厚江

     

Copyright (C) 2005 hakodate kyouritsu Medical.Corporation. All Rights Reserved.