腹式呼吸

腹式呼吸をマスターしてみましょう!

 呼吸法には
    1.腹式呼吸(男性に多い)
    2.胸式呼吸(女性に多い) があります。

 ここでは
腹式呼吸を紹介します。
 腹式呼吸は副交換神経の活動が活発となり、交換神経の活動は抑えられ、精神安定、血圧上昇抑制、脳の活性化などの効果が高いと言われています。

 この腹式呼吸は、横隔膜呼吸のことで肋骨ではなく
腹を出したり引っ込めたりさせ、横隔膜を上下させる事により行う呼吸です。
 基本は『吸う時は鼻で』、『吐く時は口で』。そうして吐く時は特にゆ〜っくり行うことが重要です。
 『吸う:吐く=1:2』 
 目安として吸う3秒、吐く6秒のつもり行ってみてください。
 それでは両手をお腹に軽くあて、鼻からゆっくり息を吸い、徐々にお腹が膨らむようにします(これが3秒くらいです)。その後、息を止めずに口からゆ〜っくり吐き、徐々にお腹がへこむ様にします(これが6秒くらいです)。これが腹式呼吸です。

 腹式呼吸はリラクゼーション効果もあり、日常でのストレスがまたった時に行うとリラックスでき、気持ちも落ち着きますよ。
 また歌を上手くなりたいのなら腹式呼吸をしなければと言われています。
 この呼吸法をマスターし、カラオケでためしてみてはいかがでしょうか!!
鼻で3秒くらい吸って 口から6秒くらいで吐きましょう
平成19年11月10日
看護師長:高村 しのぶ

       

Copyright (C) 2005 hakodate kyouritsu Medical.Corporation. All Rights Reserved.