アスベスト 中皮腫 肺がん

 ひと頃騒がれたアスベストですが、吹き付けアスベストの除去などの一定の対策が行われ、もう安心と思っていませんか?

 アスベスト(石綿)とは天然に産する繊維状けい酸塩鉱物で「せきめん」「いしわた」と呼ばれています。アスベストは耐熱性、防音性に優れているため、断熱材、保温材、ブレーキパッドなど多くのところに利用されてきました。
 アスベストを含んでいても飛散する可能性のない場合は問題ありませんが、劣化や補修・解体などの作業で飛散しやすく、その繊維は0.1〜1ミクロンという花粉より小さいサイズのため、たやすく吸引されてしまいます。アスベストを吸引すると数十年の潜伏期を経ていろいろな病気を起こしてくることが問題です。

 アスベストに起因する代表的な病変は以下のようなものです。
1.石綿(アスベスト)肺
 10年以上高濃度の石綿を吸引したことによって起こる塵肺(じんぱい)で、職業による石綿曝露を受けた人のみが発症します。潜伏期間は15〜20年といわれています。肺繊維症を起こし呼吸不全に進行していきます。

※曝露=さらされる

2.胸膜悪性中皮腫
 肺を取り囲む胸膜にできる悪性の腫瘍でアスベストが原因とされています。石綿肺などと異なり比較的低濃度のアスベスト曝露でも起こるとされており、その潜伏期間は30〜40年とされています。
 なお、アスベストに関係のある中皮腫は腹膜や心膜などにできることもあります。

3.肺がん
 石綿に関係する肺がんは石綿の初回曝露から約20年の潜伏期を経て発症するとされており、石綿曝露量が多いほど発生の危険率も高いとされています。喫煙との関係性も高いとされており、『アスベスト曝露もなく喫煙もしない人』に比べると、『アスベスト曝露があって喫煙している人』の肺がんで死亡する可能性は約50倍高いとされています。

 いずれの疾患もこのように潜伏期が長い為、曝露歴がはっきりしている方に加えて、曝露歴がはっきりしていなくても飛散したアスベストを吸引している可能性のある方も多いと思われ、今後上記の疾患を発症する方は増加するとみられます。

 アスベストの除去については、最も飛散しやすい吹き付けアスベストの除去はかなり行われましたが、過去に使用された石綿製品の多くが今も廃棄されずに残っており、それらの回収や廃棄が増加するのは2010年以降といわれています。その際の飛散防止対策が重要です。

 また、アスベストの新規使用については、2004年に使用制限が行われましたが、これは建材・自動車製品の主要な10種類に限定されたものであり、これは今までの使用の90%前後です。その他のものに含まれる石綿は新規使用の規制の対象となっていないため機械産業などでの使用はこれからも続きます。

 これらの理由によりアスベストに対する対策はこれからも続けていく必要があり、関心を持ってみていく必要があるでしょう。
 自ら行えることとして
禁煙と検診を行うことは有用と思われます。
 現在、厚生労働省の研究班による『アスベストに関する検診事業』が全国的に行われております。函館ではこの検診を函館五稜郭病院で行っており、平成20年3月まで無料で受けられます。
 この機会に受けておいてはいかがでしょうか?
 
平成19年12月20日
呼吸器科

 関連トピックス  「喫煙による健康障害とニコチン置換療法」
            
   「禁煙外来はじめました」



      

Copyright (C) 2005 hakodate kyouritsu Medical.Corporation. All Rights Reserved.