函館美原 アルコール 癌

アルコールも癌の原因
 

 
飲酒の機会が増える季節です。たばこほど知られていませんが、アルコールも癌の原因になります。
 アルコールによって、口腔癌、咽喉頭癌、食道癌、肝臓癌、大腸癌、女性の乳癌のリスクが高まります。喫煙が加わると相乗効果でリスクが大幅に増加します。

 アルコールは肝臓で発癌性のあるアセトアルデヒドに分解され、アセトアルデヒドは、アセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH2)により分解されます。このALDH2は、普通に働くタイプ(活性型)、分解が遅いタイプ(低活性型)、全く働かないタイプ(非活性型)の3つのタイプが存在します。
 非活性型は、日本人の約5%にみられ、アルコールがまったく飲めない下戸の人です。活性型は、白人や黒人の大半がこのタイプで、飲みすぎによるアルコール依存症が問題になります。低活性型は、顔が赤くなるものの、ある程度飲めるタイプで、日本人の約40%を占めます。ビールコップ1杯で顔が赤くなる体質が、現在または飲酒を始めた最初の1〜2年のいずれかにあった人は低活性型と思われます。
 こういう人が職場やサークルなどで鍛えられ、多量のアルコールを飲むようになると、癌の危険が高まるのです。たとえば、飲酒で顔が赤くなりやすい人の食道癌の発症率は、赤くならない人に比べて最大12倍との報告もあります。飲酒で顔が赤くなりやすい人や飲酒量の多い人、さらに喫煙もする人は、積極的に癌検診や内視鏡検査を受けるべきです。

 
 アルコールは適量であれば、人を楽しくさせて人間関係の潤滑油となり、抗動脈硬化作用や血圧降下作用などの良い効果もあります。厚生労働省の報告によると、日本人の場合、全くアルコールを飲まない場合より、少量のアルコールを習慣的に摂取した場合に最も死亡率が低くなり、適量を超えると途端に死亡率が高くなるとしています。
 適量は、通常のアルコール代謝能を有する日本人において、1日平均純アルコール20g程度としています。20gとは大体、ビール中ビン1本、日本酒1合、チュウハイ(7%)350ml缶1本、ウィスキーダブル1杯などに相当します。
 女性は男性に比べてアルコール分解速度が遅いため、男性の1/2〜2/3程度が適量と考えられます。


平成22年12月10日
内科・副院長:能戸 久哉


      

Copyright (C) 2005 hakodate kyouritsu Medical.Corporation. All Rights Reserved.