函館美原 糖尿病 HbA1c

糖尿病の検査値であるHbA1c (ヘモグロビン・エイワンシー)の基準値が変わります
 

 HbA1cは過去1〜2ヶ月間の血糖値の平均を反映し、糖尿病の診断にも使われる検査項目です。
 日本ではこれまで、HbA1cの測定値表記にはJDS値が使われてきました。しかし日本以外のほとんどの国がNGSP値を使っており、NGSP値が事実上の国際基準となっています。
 このままでは糖尿病に関する海外の情報を誤って判断したり、逆に日本の情報が海外に誤って判断されたりする可能性が指摘されるようになりました。そのため、日本糖尿病学会は学術論文の表記変更に続き、今年の4月より日常診療でもHbA1cを国際基準であるNGSP値で表記することに決定しました。

 ほとんどのケースでこれまで日本で使われてきたJDS値に0.4ポイントを加えた値となります。当面の間はJDS値も併記されます。表記の変更に伴い、糖尿病の診断基準の1つであった「HbA1c≧6.1%(JDS)」も、「HbA1c≧6.5%(NGSP)」に変更されます。ただし、特定検診・特定保健指導ではシステム変更や指導上の問題を避けるため、当面の間JDS値のみを使用しますので混乱しないよう注意が必要です。

 これまでより0.4%加算されることで、自分の血糖状態が悪化したと悲観したり、逆に管理目標値が0.4%高くなるので、そんなに厳格でなくてもよいのかと楽観したりする可能性が懸念されています。誤った判断の下で薬の増量をすれば、低血糖発作を起こしかねません。HbA1cの測定値表記がどちらであるか必ず確認してください。不明な場合は遠慮なく医師に相談してください。


平成24年2月6日
内科・副院長:能戸 久哉


      

Copyright (C) 2005 hakodate kyouritsu Medical.Corporation. All Rights Reserved.