サプリメント(健康食品)とは
 
 
皆さんはサプリメントと聞いてどんなイメージをされますか。錠剤のものが多く見た目から「薬?」と思われる方もいるのではないでしょうか。サプリメントとは、不足する栄養成分を補うといった意味を持っていますので、薬ではなく食品に分類にされます。つまり、サプリメントは普段食べている食事の中で、足りないものを補ってあげる役割、俗にいう『栄養補助食品』なのです。

ではこのサプリメント、栄養成分を補ってくれるのだからとむやみやたらに摂取するのは逆効果につながります。薬とサプリメントの相性問題は薬と薬の相性問題ほど解明されていないのです。
 サプリメントによっては一緒に服用した薬の効き目を弱めたり強くさせ過ぎたりする場合があります。
 病気の治療目的でサプリメントの摂取を考えている方は、かかりつけ医・薬剤師に相談するようにしましょう。
 

 


 健康になりたくてサプリメントを摂取していたのに、弊害で不健康になってしまっては元も子もありません。どんなに優れたサプリメントをもってしても、皆さんが普段から摂られている食事の代わりにはなりまんせん。
 サプリメントを頼る前に、食事を充実させることが大切なのです。いろいろな食品をきちんと摂取することを心がけましょう。
≪ サプリメント一覧 ≫ 
一般食品 ◆ 一般的なサプリメント、健康食品はここに分類される。
◆ 効果効能や機能性を謳うことはできない。
  
健康補助食品 栄養分を補給し、健康の保持・増進および健康管理の目的にてきするものとして、(財)日本健康・栄養食品協会が推進している食品。
◆ 成分や安全について、同協会の審査と認定が必要。
◆ 基準に適した商品のみ、認定マークの表示が許される。
 
特別用途食品 乳幼児、妊産婦、高齢者、また高血圧症や肝臓病患者など、医学・栄養学的な配慮が必要な人を対象に、発育や健康維持・回復に適しているという「特別の用途」の表示が許可された食品。
◆ 消費者庁の審査と消費者庁長官の許可が必要。
◆ 特別用途食品に認められるとマークを表示でき、
  特定の効果効能・機能性を謳うことができる。
 
保険機能食品  科学的根拠にもとづき、人体の機能・健康にある一定の作用や効果が認められた食品。
◆ 効能や安全性について、食品ごとに消費者庁の審査と消費者庁長官の許可が必要。
◆ 「特保」に認められるとトクホマークを表示することが許され、特定の効果効能・機能性を謳うことができる。
 
 特定保健用食品
( トクホ )
 栄養機能食品 12種類のビタミンと5種類のミネラルなど、すでに科学的根拠が確認された栄養成分を一定の基準量含む食品。
◆ 消費者庁の規格・表示基準を満たしていれば、審査や届け出は不要。
◆ 栄養成分の表示ができる。 
   
 機能性表示食品 特定保健用食品でなくても、食品の含有成分や機能性に関する科学的根拠を消費者庁に届け出ることにより機能性を表示できる食品。
平成27年4月から導入された新制度。
◆ 特定保健用食品とは異なり、消費者庁長官の個別の許可を受けたものではない。
◆ 特定の効果効能、機能性を謳うことができる。 
   

 世の中には様々な健康維持の為の情報があります。
サプリメントもその1つです。よく理解し上手な活用方法で健康な生活を営みましょう。
 
 平成28年7月1日
薬剤師 : 佐伯 厚江


      

Copyright (C) 2005 hakodate kyouritsu Medical.Corporation. All Rights Reserved.