当院では苦しくない楽で安全な胃カメラが受けられます。



経鼻内視鏡についてはこちらから>>>>

男性:21例 女性:49例(合計70例) 年齢16歳〜76歳(平均52.8歳)
 内視鏡経験者:43例 未経験者:27例

@ 前処理について
A 鼻から喉への挿入時について
B 挿入中について
C 検査後について
D 検査全体を通じて
E 次回は経鼻内視鏡を選択しますか?
F 以前に経口挿入(口から挿入)の内視鏡検査をお受けになった事がある患者様にお聞きします。経口挿入の苦痛度を10とした場合、経鼻挿入はどのくらいですか?

 前処理について
0例 0%
29例 41.4%
41例 58.6%
 鼻から喉への挿入時について
1) 痛みは?
28例 40%
42例 60%
2) 嘔気・嘔吐は?
 1例  1.4%
 9例 12.9%
60例 85.7%
 挿入中について
1)痛みは?
 4例  5.7%
66例 94.3%
2) 嘔気・嘔吐は?
0例  0%
14例 20.0%
56例 80.0%
検査後にていて
1)痛みは?
4例 5.7%
66例 94.3%
2) 鼻出血は?
あり  4例  5.7%
なし 66例 94.3%
検査全体を通じて
20例 28.6%
35例 50.0%
 9例 12.9%
 6例  8.5%
 0例  0%
次回は経鼻内視鏡を選択しますか?
0例 0%
27例 38.6%
43例 61.4%
以前に経口挿入(口から挿入)の内視鏡検査をお受けになった事がある患者様にお聞きします。経口挿入の苦痛度を10ポイントとした場合、経鼻挿入はどのくらいですか?
苦痛度:平均2.7ポイント

■総評■
 鼻の痛みについては、経鼻内視鏡の最大の欠点と思われ、他院のアンケートを見ますと約50%の方が指摘しております。当院でも挿入時に 40%、挿入中に24.3%の方が指摘しておりますが、すべてごく軽度の痛みで検査にはほとんど支障ありませんでした。
 嘔吐反射については、“嘔吐反射がつらいので経鼻内視鏡を選択した”という方が多いにもかかわらず、80%の方が感じず、指摘した方も1例を除いてごく軽度でした。
 鼻出血については、4例の方が指摘しましたが、すべてにじむ程度の微小な出血で、止血処置が必要なものはありませんでした。
 検査全体を通じても“楽”、“かなり楽”を選ばれた方が 80%近くを占めかなり好評でした。
 最終的な評価では「次回は経鼻内視鏡を選択しますか」との問いに“イヤ”という答えは0例で、次回も経鼻内視鏡を希望する方が圧倒的でした。


消化器科・副院長 能戸 久哉
平成18年7月28日

      

Copyright (C) 2005 hakodate kyouritsu Medical.Corporation. All Rights Reserved.