ドクターコラムDoctor Column

帯状疱疹ワクチンについて

 帯状疱疹とは水ぶくれを伴う発疹が、多くは腕、胸、背中に、ときに顔や首などに、左右どちらかの皮膚に帯状にでる病気です。強い痛みを伴うことが多く、症状は3~4週間ほど続きます。
 帯状疱疹の皮膚症状が治った後も、約2割の患者さんが、何か月、時には何年もつらい痛みが残ってしまう帯状疱疹後神経痛に移行します。まれに合併症による障がい・後遺症が残ることがあります。目の合併症による視力低下、失明、耳の合併症による難聴・耳鳴り・めまいなど、ほかにも様々な合併症があります。

 帯状疱疹の原因は水痘・帯状疱疹ウィルスです。このウィルスにはじめて感染した時は水ぼうそうとして発症します。治った後もウィルスは長い間体内に潜んでおり、普段は免疫力によって活動が抑えられています。加齢、疲労やストレスなどで免疫力が低下するとウィルスが暴れだし帯状疱疹を発症します。帯状疱疹の発症率は50歳代から急激に高くなります。帯状疱疹患者の約7割が50歳以上です。日本では、80歳までに、約3人に1人が帯状疱疹になると言われています。

 このワクチンにより、帯状疱疹の発症率の低下、発症した場合の痛みなど重症度の軽減効果、帯状疱疹後神経痛の発症率の低下が確認されています。50歳以上の方は帯状疱疹を予防する目的で帯状疱疹ワクチンをおすすめします。お気軽にご相談下さい。

副院長:能戸 久哉

このページの先頭へ